車部品のコンテナ配送 日本からタイまでの海外転送 代行輸送ならタイ配送.com

タイ語翻訳

日本語翻訳

Koh Muk / Trang

5月頭に、ちょうど3連休があったので、ちょっと奮発して、パックツアーを使ってムック島(เกาะมุก)に行ってきました。
エアアジアも久しぶり…
というか、ほとんど乗ったことが無いかも。



今回はツアーなので、空港でリゾートの送迎に拾われて港へ、そしてボートに乗り換え。
もちろんお1人様なので、ボートも貸切り。



あっ、見えてきましたね。
あそこが、今回宿泊のリゾートです。
ああ、ちなみに、ムック島自体は、ツアーでエメラルド洞窟には行ったことありますが、ビーチの方に来るのは初めてですね。



ここここ。
この、岬の先っちょですよ。



直に見るとかっこいいんですけど、写真だといまいち伝わらないな…
まあ、ちょうど満潮に近い時間ってのもあるかもしれませんけど。



と言うことで、到着~
うん、きれいですね。
チョイ内側(陸地側)に向いているので、波も穏やかですし。
ちなみに、これは岬の先の方を向いています。



で、こちらが反対側。
このビーチが、ムック島で一番?大きなビーチみたいです。
良いですね~
人も全然いないし。



ここが今回泊まるバンガロー。
もちろんお1人様です。
えらい立派ですね。



中はこんな感じで…
こんな高級なリゾート、タイに来て…
どうだろう、7、8年ぶりぐらいかな?
普段高くても1泊1000Bぐらいまでですし。



一応オーシャンビュー…らしいです。
まあ、確かに見えるけどね。



とりあえず、朝から何も食べていないんで、軽く食事と喉の渇きを潤すことにしましょう。



ビーチサイドに陣取ってまったり。
天気もいいですし、気持ちいいですね~
ちなみに、方角的に言うと、南側を向いています。



あ~、ビール旨!



お食事は、豚とニンニクの炒め物ご飯がけ+目玉焼き。
まあ、こういう景色では、何を食っても旨いですね。
さて、お腹も膨れたところで、海に行ってみましょう。



部屋から、徒歩10秒程度でビーチに出られるんで、サバイサバイですね。



ああ、せっかくなんで、岬の先の方に行ってみますか。



この辺りが、岬の先端付近のようです。
しかし、笑っちゃうぐらい人いないですね~



満潮なのもあると思いますが、砂がドンドン持ってかれるのか、土嚢で砂地が守られていますね。
ちょっとさみしいですな。
しかし…
思ったよりもきれいじゃないですね。
まあ、多少は予想していたんですけど。



う~ん、だめだめな気もしますが、ダメもとで潜ってみますか。



な、何も見えん…
ピンボケとかじゃないですよ。
ちゃんと海中の浮遊物とか写ってますし。



ああ、なんとか砂地が見えますね。
でも、シュノーケリングするには、ちょっと透明度低すぎて怖いですね。



お昼寝したあと、早めに食事を…
って、スペシャルビュッフェ?1人400バーツ?
高けーよ!そんなに食べないのに。
でも、選択肢ないし…
ヒドイ商売ですね。



鉄板で、目の前で焼いてくれる…
んですが、その焼いたものを、奥の皿に盛りつけていく、で、それを我々客がビュッフェって行くというシステムの様です。
それじゃ、焼き立てじゃないじゃん。



また、海の見える席を確保。
今度は反対側、北側の浜辺です。
だいぶ潮が引いて、干潟みたいになっていますね。



今日の晩飯。
これで400B(ビール代別)はボり過ぎですよね!
ファランみたいに食えるかって。



せっかくなんで、食後に、さっきの潮が引いた砂浜にやってきました。
見えますかね?
建物のすぐ下に、土嚢がありますが、昼間はあの辺まで水面が来ていたってことですね。
何かいないかな~




なんでこんなにヒトデばっかりなんでしょうね。
キモいです。



日が落ちたら、もうすることも無いですし、おやすみなさ~い。



翌日。
まあ、海があれでは、少なくとも潜る気もしませんし、ちょっとぷらぷらしますか。
ちなみに、こちらはマッサージルーム。
でも、まあマッサージって気分でもないし。



あ、サンプラプーム…精霊廟見っけ。
こんな、モスク状のやつあるんですね。
さすが南部。



プール…
気持ちよさそうですね~
見た目きれいだし。
今日はここでダラダラしましょう。



さっきまでいた人達が消えたので、プールを独り占め。
プールの向こうには、すぐに海が見えるというのも、贅沢ですね。



あ~気持ちいい。
さすがにまだ5月なんで、天気が良いと、クソ暑いんですよ。



海の濁りようとは、大違いですね。
当たり前ですけど。



水中から、上を見てみました。
こんなんだけでも、涼しげに感じませんか?



あとは、こんな感じで、ごろごろだらだらしていましたよ。



翌日の朝は、もうムック島を発つ日。
海はあれでしたけど、名残惜しいですね~



May/'16
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
私の評価基準が、海で潜ってどうかがメインなんで、基本低めです。
海に潜ることは…考えないか、ツアーで近隣の島に出るのをお勧めしますね。
ただ、ビーチやリゾートでダラダラ…
となれば、話は別。
東洋人はもちろん、白人もわずかしかいなくて、大変静かに過ごせましたよ。
食事についても、集落の方に行けば、安くて簡単な物は食べられますし、缶ビールも普通に調達できますし。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  7°22'27.42" N
 99°18'52.89" E



たくさんのご来場、
ありがとうございました。

タイフェスティバル

現在の為替レート

タイバーツ円   THB/JPY   

日本円バーツ   JPY/THB   

米ドル円   USD/JPY   

日本円ドル   JPY/USD   

タイ配送ドットコム 安心のポイント

タイ配送ドットコムでは、コンテナまるごと転送もお任せ

海外転送サービスご利用者の良くある質問

タイへの配送が出来ない禁制品や関税について

タイへの配送ドットコムのカスタマーサポート

タイへの配送ドットコムのメールでのお問い合わせ

24時間受付
お問い合わせに関する返信は
12実働稼働時間後にご返信します。

メールでのお問い合わせ

タイへの配送ドットコムのお問い合わせフォーム

タイへの配送ドットコムの電話サポート

平日:9:00~18:00
土日祝日:休日
但し、年末年始は12/31から1/2まで休業日となります。

日本国内から
0725-53-3022

Thailand
(タイ語専用窓口)
①Tel Staff 1 
 081-921-7884
 Mon-Sun 8:00 - 24:00
②Tel Staff 2 
 087-017-8307
 Mon-Sun 8:00 - 24:00
③Tel Office Thai 
 02-170-6817
 Mon-Fri 8:00 - 17:00(Office  Hours)

タイ配送ドットコムで使える決済方法

タイ配送ドットコムのFacebook

タイ配送ドットコムのTwitter